女の子産み分け術

2012年01月03日

何故、王道の妊娠方法をしているのに、

何故、王道の妊娠方法をしているのに、


私も最初は、一般的な不妊症の治療方法から始まり、
日本各地や中国の世界最先端の不妊治療まで様々な妊娠術の研究をしました。


例えば、王道の不妊症の改善方法といったら、以下のステップを踏みますよね。

まず、不妊症の通院をする
排卵をうながす薬を飲んだり、サプリメントを飲む
医師の指示通りにタイミング療法を行なう
そして、最終的に体外受精を行なう

たしかに排卵させる薬で排卵しますし、
精子と卵子を取り出して受精させる顕微授精で、確かに受精卵を作れます。

でもね・・・
それなら何故、王道の妊娠方法をしているのに、
多くの方が不妊症に悩んでいるのでしょうか?

何故、受精卵を用意しても妊娠出来ないのか・・・?


それは、受精し着床する「妊娠力」と、胎児が順調に育つ「妊娠維持力」。

赤ちゃんを授かるのに必要な「産む力」が足りていないからです。



そこで、一般の方でも自分で妊娠力をつけられる妊娠術をまとめ、
不妊症に悩む方たちに試してもらいました。


すると、1ヶ月もしないうちに、

「検査薬で陽性! 妊娠しました!」
「冷えや生理痛がなくなって、体質が変わった!」
「5年ぶりに薬無しで排卵しました!(* ^0^ *)」

など、たくさんの感謝の声をいただいたのです。
posted by kodomo at 19:32| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不妊症にお悩みの方へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。